絵の価値は分かりません。だけど……

えっとまず最初に言っておきますと、私に絵の価値なんて分かりません。イラストレーターさんが提示する値段とか見ても「うわ!高い!!」って思うことばかりです。

 

だけどこれだけは分かります、契約の仕方について。

 

消費者契約法」という法律が最近制定されたんですね。

正確には12年4月制定、平成13年4月に施行されました。

 

詳しい内容はこのURLで

消費者契約法

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12HO061.html

 

この内容はざっくり言いますと

事業者(イラストレーターさんなどの生産者さん)は、消費者(依頼者)さんにちゃんと事前に見積もりや、この契約において発生すること、たとえば

どれくらいの期間で作るか。

値段はどのくらいか。

依頼者の要求にどれくらいこたえられるか。

または、「こういうことは出来ない」などのリスク。

これらを事前に説明する義務がある。

それを怠った場合、その後で説明を受け、消費者が納得行かないなら依頼者は契約を「無かった事」にできるということ。

 

そして

モノの納品の後に消費者が知らされていない追加金等を請求された場合、この契約を「無かった事」に出来る。

という事です。

 

これは悪質な業者から消費者を守るために出来た法律なので、あくまで依頼者(消費者)の味方視点での法律です。

 

まだ新しい法律で、特にこれに対して罰則などは無いんですよね。

契約トラブルに対して、消費者を守るためにできた法律です。

まだ若い法律なのでこれでもまだ問題はあるんですがね……(´・ω・`)

 

そして重要な事は、契約を「無かった事」にできるという部分です。

 

契約を無かったことにするということは、相互にやならければならない義務が発生します。

文字通り本当に無かったことにするために、やらないといけない義務が発生するのです。

 

事業者がもう既にお金を受け取っていた場合返還しなければならない。

消費者は納品されたモノを返さなければならない。イラストなど返還できない電子的なものはちゃんと消去し外部に絶対に出さないこと。

 

という義務が発生します。

そして事業者がお金を返さない、または消費者がモノを返してくれない場合。

そういう時は最高で裁判所へ『差し押さえ』の申請まですることが出来ます。

 

私も昔、自称PCを売っているという自称販売業者(本当はただの普通の人)から

ただの手作りの不完全なPCを納品させられ、

さらにPC代以外のまったく聞いていなかった追加金10万円も請求され、

この法律をもって契約を無かったことにできました。お金も返ってきましたしPCも返しました。

 

さて、ここでようやっと本題です。

問題なのはイラストレーターさんとイラストが欲しい人との個人的なやり取りですね。

厳密に言うと、口約束ですらも『契約』のうちに入ります。証拠があればこれも契約です。

その上でイラストレーターさんがやらなければならない義務は、

 

必ずイラストを依頼されたら見積もり金額をちゃんと立てること。提示するまたは交渉する事。出来れば納品までの期間も自分で話し、守ること。

契約交渉時にちゃんと「説明をする義務」が発生しているんですね。

 

んでもってイラストが欲しい人は、ちゃんとその話を聞いて、納得できるならそれを守ること。事前に説明を受け承諾したのならばちゃんと支払うこと。

 

上記では消費者さんを味方するような物言いですが、イラストレーターさんもそこらへんをしっかりやっておかなければならないということです。

完成した後で「○○円になります」って言っても駄目なんです。

お金を取るなら最初に言っておかないといけないんです。

イラストレーターさんが契約トラブルを事前に回避するには

 

「契約時(事前に)これなら料金は○○円になります納品までの期間は××日ぐらいです」

 

と言えば契約トラブルはほぼ回避できます。

それで承諾したのならば、消費者(依頼者)さんに堂々と仕事料金を請求できます。

お金を払ってくれないのならば、最大で裁判所へ『差し押さえ』の申請まで出来ます。

 

イラストレーターさんと個人的なイラストが欲しい人との、そのトラブルの回避方は、まず最初にお金がかかるということをしっかりと言うことです。

ただ「お仕事募集中です」っていう提示だけでは駄目なのです。まだ詳細を話す(説明する)義務が果たされていないのです。

 

イラストレーターさんとイラストが欲しいとのトラブルが無いように。

よろしく!